line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.16
初めまして!
登場がやや遅くなってしまいました。

当会の発起人、早稲田大学4年生の木戸裕介です。

お馴染みの方々も多いと思いますが、改めてこのページで改めて自己紹介させていただきます。

出身は神奈川県藤沢市。中学から陸上競技をやっています。
陸上競技歴10年、切手収集歴も10年です!
10年間2足のわらじで頑張ってきましたー
他に趣味といえるものはありません!

以下、収集範囲を紹介します!




①朝鮮半島

メインは朝鮮半島全般です。在朝鮮日本局から始まって、旧韓国、日本統治時代、戦後の韓国、朝鮮です!

スキャン 198

画像は日本統治時代 西大門局引受、江原道・内金剛季節局到着の代金引換郵便です!
内国3銭、書留10銭、代金引換料5銭の18銭料金です。

スキャン 37

戦後韓国、朝鮮戦争の際に発行された、国連軍参戦記念で、朝鮮戦争に国連軍として参加した各国の国旗を配して発行されました!本使用例は「ベルギー」で、日本宛航空便使用例です。




②琉球

B円からドルにかけて、全体的に手掛けています。
本分野の収集歴は3年目です。
最近は航空郵便の使用例を重点的に手掛けています!!

スキャン 350

天女航空14c貼の葉書使用例です!

スキャン 370

天女航空35c貼の第4地帯宛航空便使用例です。
琉球発の南米宛は希少な使用例だと思います!




③南洋諸島・樺太千島

「朝鮮」、「琉球」のイメージが強く、もはやこの分野を集めていることを知る人はあまりいないはず…
細々と続けております!

スキャン 1

樺太・豊原の機械印。平壌宛です。樺太コレクションとしても、朝鮮のインカミングとしても使えますね!

スキャン 2

南洋ポナペ海軍軍用郵便所 南洋特務艦・松江差出の横須賀海軍航空隊宛です!

南洋・樺太は、これから力を入れたい分野ですね!




④ヨーロッパ

かなりざっくりとした括りですが、アジアだけ追っかけている訳ではないということです笑
対象としては、スイス、ドイツ、リトアニア、ルーマニア、バルカン半島などを手掛けています。
数年に分けて、各国何冊かコレクションを作りたいと思っています!

以上、収集範囲をご紹介しました!!



発起人は、フィラテリーは大きな可能性を秘めた趣味であると考えています。
このフィールドには様々な年齢層、職業を持つ方々が集まり、お互いに平等に切磋琢磨しながら自分のコレクションを磨いていく環境があります。
国際ルールに基づき、コレクションを展示パネルでプレゼンテーションし、得点を競う競技の場も整っています。
これほどまでに、知的で活動的な収集趣味は他に存在しないのではないでしょうか。
郵便物離れからか、フィラテリー人口は減少し続けていますが、趣味が多様化している現代で育った世代には切手収集は馴染みのない趣味なので、当然の流れと言えます。
逆にこの時勢をチャンスと捉え、フィラテリストサイドから収集の魅力を発信し、一般に訴求できるような普及を考えたいと思います。
ユース層のみなさんは、切手収集のフィールドに踏み入れる最初の一歩として、当会を存分に活用してください。

これからも頑張っていきますので、
当会をどうぞよろしくお願いします!!!





スポンサーサイト

コメント
はじめまして。eru-Lと申します。
遅くなりましたが、ブログ開設、おめでとう御座います。若い方達が切手収集をされられる事に、当方としても感銘を覚える次第です。

私も、一時期の頓挫はあったものの、かれこれ切手趣味を20年近くやってます。この趣味をしていて思うことは、切手の使用例は奥深いものだということ。勉強も必要で、この奥深さはやってみないと分からないし、それをやってない方にも知って欲しい・・・。それを伝える手段が、この様なブログでもありますね。

切手趣味者、及び"それ以外"の方々も対象にした、または興味を持たせる様なブログ内容に出来れば、素晴らしいコトだと思います。ので、より多くのアイテム公開を、今後ともお願い致します。
eru-L | 2014.10.18 13:31 | 編集
eru-L様

コメントありがとうございます!
ユース層の台頭を応援してくれる郵趣家の方々のコメントは非常に心強いです。
ブログの内容から、郵趣に興味を持ってもらえるコンテンツを創って行きたいと思います。

eru-L様のブログはいつも拝見させていただいています!貴重な戦後記念切手、航空切手の使用例の数々…こだわりを持って集められていることを実感しますし、戦後記念がきっかけで収集にのめり込んだ発起人としては羨ましい限りです(^^♪いつも更新を楽しみにしております!

是非、これからも、当会をよろしくお願いいたします。ユース層への普及にはベテラン収集家の方々の理解が必要不可欠です。

よろしかったら、相互リンクをお願いいたします!!!
きど | 2014.10.21 10:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。