line-s
--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

line-s
10.23

ども!
今日は発起人より切手展のご案内です!
来週金曜日より、東京浜松町では第49回全国展が開催されます!
私にとっての初めての参観は第39回、池袋開催の時代で、当時は小6でした。
競争展のルールも、展示の参観方法もよくわかっていない時代でしたが、切手収集は、学術的でカッコいいなーと思った覚えがあります。
一気に収集が加速したことは言う迄もありません。
文献もたくさん買って、どんどん郵趣の魅力に引き込まれていきました!

私にとってのJAPEXは、切手収集のかっこよさを知った最初の経験でしたね!
当時はお小遣いの範囲で買える範囲の日本切手を買い漁っていましたが、大人になったら手彫切手や外国の高い切手を買って展覧会に参加したいという野望がこの頃から芽生えました笑

67390.jpg

画像は国内展のイメージ。フレームがずらっと並んでおり、展示作品がおさめられている。

67393.jpg

国際展のイメージ。ちなみにこれは今年8月に韓国・ソウルで開催された世界切手展。撮影したのはユースクラス部門の作品。


展覧会の楽しみは、切手収集家の方々のコレクションを直接見れること。リーフにはそれぞれのアイテムに詳しい解説があるので、知識の吸収の場としても楽しめますね!小6の初参観のときはただただうらやましーなーって感じで眺めていただけでしたが笑

さらに楽しいのが、中々見れない高い切手が見れること!
39回のJAPEXでは、スイスクラシックの名品切手、バーゼルの鳩が展示されていました。
そんなあこがれの切手がこちらです!


67388.jpg

スイス・バーゼル州で1845年に発行された切手。通称「バーゼルの鳩」です。
日本最初の切手が1871年ですから、その26年前にスイスではこんなに綺麗な切手が使われていた訳ですね!

6738x9.jpg

10年越しの夢が叶いました。カタログやオークション紙であれこれ研究中です。ドイツ語をしっかりやらなくてはなりませんね。



ユースのみなさんも「ほんもの」に触れられる切手展に出かけてみては?
目標とするコレクションに出会い、収集のモチベーションも高まるはずです!

当会は3日間浜松町の会場におりますので、気軽に連絡用アドレスにその旨お願いいたします。

スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。